今や日本はペット大国の一員です。そのため、ペット専門学校で習得できる資格、特にトリマーについて取り上げます。

ペット専門学校へ通おう!
ペット専門学校へ通おう!

ペット専門学校で夢を実現させよう

現代の日本では15歳以下の子供の数より、犬や猫などのペットの数の方が多いと言われています。かつて、犬は番犬としての役割を担い、猫はネズミを追い払う役目を担っていましたが、現在の犬や猫はその役目を失い、完全に家族の一員、または家族の中心となっています。そのため、ペットを取り巻く業界はまだまだ成長が見込め、ペットを扱う仕事のニーズも増えていくことも間違いないとされています。

今や沢山のペット専門学校が存在していますが、では、ペット専門学校を卒業するとどういう職業に就けるのかについて説明していきます。代表的なものとして、トリマー、動物看護士、ドッグトレーナー、アニマルセラピストなどです。ここでは、特に人気の高いトリマーについて取り上げていきます。トリマーとは、犬の手入れをする仕事のことで、犬の毛を整えたり、耳や爪の手入れやシャンプーなどをします。トリマーの歴史は古く、ヨーロッパが起源とされています。かつてヨーロッパには長毛種が多く、貴族などが愛犬を華やかに飾り立てるためトリミングを始めたとされています。日本でトリマーが知られるようになったのは、洋犬が飼われ始めてからのことです。かつては、犬は番犬と見なされていたため、トリマーという職業に注目が集まりませんでしたが、近年になり、爆発的なペットブームのおかげで、トリマーという職業が知れ渡り、トリマーが多くの人の間で人気の職業になっています。

では、トリマーになるには具体的にどうすれば良いのか説明します。トリマーには国家資格は必要ありません。そのため、技術力さえあれば資格がなくともトリマーとして活躍できますが、やはり、資格を取得しておくとあらゆる場面で優位です。トリマーの資格として有名なのが、ジャパンケネルクラブが行う資格試験です。ペット専門学校はこれらの資格を取得するためのノウハウを持っています。効率良く資格を取得しするために、そして、確かな技術をいるためにペット専門学校で学ぶことは大切です。

関連リンク

Copyright (C)2017ペット専門学校へ通おう!.All rights reserved.